車 バンパー  修理

車のバンパーの修理が必要になった時にまずするべき行動

バンパーは運転席からは死角になって見えないので、壁や大きな石などにぶつけたり、擦ってしまったりすることが少なくありません。傷ができたとしても、樹脂でできているので鉄でできた車体のように錆びてくる心配はありませんが、大きくへこんだり、黒い樹脂の部分が顔だしたりするとかっこが悪いものです。また、強くぶつけると単なる傷ができるだけでなく、外れてしまうこともあります。特に下からぶつけると、部分的に外れてしまうことが多く、車体部分まで悪い影響を与えてしまう可能性があります。では、そのような場合には、どうしたら良いのでしょうか。それは自分で行うことが可能なものなのか、それとも自動車工場などに持って行かなければならないものなのか、初めてのときは色々と分からないものです。そこでまず何をしなければならないのかについて解説します。

外れたりへこんだりした場合には

車をぶつけたり、傷付けたりしたときは気持ちも落ち込むものです。高額な修理代が頭をよぎることでしょう。バンパーをぶつけた場合は、まず傷の程度を確認します。外れているような場合は、自分で元に戻すことはなかなか困難なので、ディーラーや修理工場で持って行って直してもらう必要があります。その際にはガムテープなどで応急処置をすると安心です。外れてしまったバンパーをはめ込むのはそれほど難しいことはないので、付き合いのあるディーラーであれば無料でしてくれるかもしれません。その際には他の箇所に影響がないかも確認してくれるでしょう。へこんでしまった場合は、自然に元通りになったり、ドライヤーで熱を加えると元通りになることもありますので、試してみることをおすすめします。

擦り傷は自分で直すかプロに任せるか

擦り傷の修理については、錆びてくる心配はないのでとりあえず慌てることはありません。ただ黒い樹脂が逆剥けて顔を出している場合は、かなり見栄えが悪いので、しっかり修理したいものです。方法としてはタッチペンなどを購入し自分で直す、あるいは工場やディーラーに持っていくかのどちらかです。自分で直す場合は費用を抑えることができますが、傷を完全に隠すのは至難の業です。傷を気にしないという場合以外は、プロにお任せするのが無難です。工場に持ち運ぶ場合は、まず見積もりをとりましょう。お店によって費用にはばらつきがあるからです。また技術力にも差があるので、信頼のおけるお店を選ぶようにすることが大切です。場合によっては、中古部品と交換する方が安上がりのときもあります。